海外の企業はなぜ日本市場に参入すべきか?

オンカジをプレイするならインターカジノがおすすめ!

我が国日本には米国、中国に次いで世界第3位の経済規模があり、世界第2位の情報・コンピュータ産業があります。日本市場の贅沢な高級品やサービスは、可処分所得の大きい人々を惹きつけています。品質と革新は日本の代名詞であり、それは日本企業の事業パートナーへの献身と忠誠となって表れています。さらに、多くのグローバル企業にとって、日本は革新的な商品やコンセプトを生み出す拠点となっています。

なぜ日本での事業にはメリットがあるのか?

事業を行うと、戦略的かつ経済的な報酬を得ることができます。日本では、わずか14日間で会社を設立することができ、もし成功すれば、わずか3〜5年で世界的な収益のかなりの割合を稼げるようになります。ジェトロの開業ワンストップセンターサービスを利用すれば、会社設立にかかる時間を半分に短縮できます。

また、日本には道路網、高速道路、鉄道、地下鉄、空港、港湾、通信などのインフラが整備されており、さまざまな製品やサービスの輸送に利用されています。

国内計20以上のドックと5つの主要空港があります。東京首都圏には、東京国際空港(HND)と成田国際空港(NRT)、大阪エリアには、大阪国際空港(ITM)と関西国際空港(KIX)のそれぞれ2つの主要空港があります。空港のほかにも、日本の港湾、ターミナル、貿易業務は一般的によく組織化され、効率が良いことで世界的に有名です。

日本で成功すれば、世界中のどこでも成功できるでしょう。なぜなら、日本市場は品質に対して極めて厳しく、そうした目の肥えた日本市場の高い期待値に応える製品・サービスを作り上げることができたということだからです。

日本は参入しにくい市場か否か?

海外の企業にとっては、日本の複雑な流通経路、競合企業の集中、独特のビジネス文化などが気になるかもしれません。インターネットの普及により、地理的な障壁がなくなったため、日本のクライアントと連絡することがかつてなく簡単になりました。さらに、世界の決済ゲートウェイやモバイル決済ソリューションにより、さまざまな通貨での現金の受け取りが簡単にできるようになっています。

日本は数多くの分野で国内市場が発達していますが、欧米企業の神秘性やその規模感が日本の消費者の欧米商品への興味をかきたてています。さらに、日本の企業文化は、海外の企業が想像するほど難しくはありません。海外の企業が日本市場で成功するための基本的な要素は、忍耐力、誠実さ、ビジネス規範の尊重、商業的成功に対する長期的な視点だといえるでしょう。